So-net無料ブログ作成

子どもの医療費無料化の現状

2015-02-21

子どもの医療費を、関市は中学卒業まで無料にしています。

中学卒業までは、入院も通院も医療費の自己負担が不要です。

この制度に始めは反対していた人たちも、やがて賛成にかわっていきました。

関市でも、長年の住民運動と議会での取り組みがありました。

全国各地ですすめられた取り組みの結果は、

就学前まで助成している市区町村

 入院 1,742市区町村(100%)

 通院 1,720市区町村(98.7%)

2013年4月現在 厚生労働省の調査から

そのうち、

中学卒業まで助成している市区町村

入院 1,103市区町村(72.9%)

通院 831市区町村(56.7%)

2013年4月現在 厚生労働省の調査から

 

子どもの医療費助成を実施していない自治体はなく、関市同様、中学卒業まで助成している自治体も過半数を超え、多数派となっています。

当初、「乳幼児医療費無料化」と言っていた運動は、乳幼児の医療費無料化が実現し、「子どもの医療費を無料に」という運動に発展しました。

「乳幼児」から「就学前」へ、そして「小学校卒業まで」、「中学卒業まで」と順次対象を拡大し、現在は、「中卒以上」までを医療費助成する自治体もあります。

中卒以上まで助成している市区町村

入院 166市区町村(9.53%)

通院 157自治体(9.01%)

2013年4月現在 厚生労働省の調査から

こういった現状をふまえて、私たち日本共産党関市議員団は、「子どもの医療費助成を高校生まで拡大しましょう」と市議会の代表質問で訴えます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。