So-net無料ブログ作成

介護保険料の市独自軽減を可決

2015-05-13

季節外れの台風6号が温帯低気圧に変わりほっとしました。

今日はよい天気になりました。

image.jpg

手前は麦畑 

むこうの山の谷間は朝靄につつまれているのでしょうか。

まるで雲がわいてくるような様子に見えました。


5月11日(月)に、平成27年関市議会第1回臨時会が開かれました。

先月の市議選後、はじめての市議会です。

正副議長の選挙が行われ、各議員の所属委員会等が決定されました。

日本共産党関市議員団は以下のように所属が決まりました。

さわたり直樹 文教経済委員

小森よしなお 総務厚生委員、議会運営委員

2人とも、改選前と同じ委員会です。小森議員は都市計画審議会委員も引き続き務めます。

議会人事のほか、今回の臨時会では、市長から提出された専決処分5件を承認、介護保険条例一部改正の議案1件を可決、人事案4件に同意しました。

特筆すべきは、介護保険料の一部について負担軽減が図られたことです。


今春、介護保険料が大幅に引き上げられました。引き上げられた保険料のうち、一部について引き下げることが決まりました。

関市では第6期(平成27年度~29年度)の介護保険料基準年額が66,600円となり、前期比26%増という制度始まって以来の負担増です。関市の場合、所得区分を昨年度までの10段階から9段階に減らし、新第1段階~第9段階までの所得区分に応じて介護保険料の年額が算定されます。基準額に相当するのが新第5段階で、それより低い所得区分の新第1~4段階は保険料が減額され、新第6~9段階は逆に保険料が加算されることになっています。

このうち、新第1段階は国の施策により若干の軽減をおこない、前期比で約46%もの保険料値上げになっていた新第2段階については市独自で軽減をおこなうというのが、今回の条例改正案でした。具体的には、

新第1段階は、3,570円減額し年額29,970円とする

新第2段階は、6,660円減額し年額43,290円とする

私たち日本共産党関市議員団は、軽減内容がこれだけでは不十分であることを指摘した上で、

初めて市独自で軽減を図ることを

一歩前進として評価する

との討論をおこない、介護保険料の一部軽減に賛成しました。他会派からの発言はなく、全会一致で可決されました。

関市における介護保険料の独自軽減は、

市町村が国の言いなりでは

住民のくらしを守ることができない

ということを示しました。

医療・介護の負担を軽く

この公約を実現するために、引き続き軽減努力を求めていく考えです。

 

image.jpg


*** リンク ***

関市議会 議員名簿

http://www.city.seki.lg.jp/0000001651.html

関市議会 委員会別名簿

http://www.city.seki.lg.jp/0000001573.html

平成27年関市議会第1回臨時会の議決結果

http://www.city.seki.lg.jp/cmsfiles/contents/0000001/1598/h27_1r.pdf


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。